サカタのタネが欲しいならココっ!パクチーコリアンダーを徹底比較し厳選♪

わたしは秋蒔きだったので、春に蒔いたらもっと成長が早く存分にパクチーを楽しむことができるのではないでしょうか。とても楽しみです。秋植えでもう一度挑戦です。

コレです♪

2017年02月20日 ランキング上位商品↑

パクチー コリアンダー サカタのタネ★送料90円メール便OK★【パクチーコリアンダーサカタのタネ】中国野菜/ハーブ/野菜種(6ml)923373【RCP】 02P01Oct16

詳しくはこちら b y 楽 天

その後東京に戻ってからも、ベランダでコリアンダーを種まきして育てていました。種がたくさん入っていて、発芽率もそこそこ良くて重宝しています。発芽率60%以上、一袋の種からおよそ50本の苗ができるそうです。柔らかい葉の方が美味しいので、ガンガンの陽当りがない所で育てています。説明にも ありましたが パクチーは 夏より 冬の方が 育てやすそうです。発芽はしましたが、育て方が悪かったのか枯れてしまいました。問題はこのあと。=前述の通り!好き嫌いが分かれるハーブだと思いますが!アジアのエスニック料理でも欠かせないようですね。種は軽くつぶして2つに割ると簡単に芽が出せるようです。。少しずつ間引いて、サラダに入れたり付け合わせに使ったりして楽しんでいます。=なお!ハーブ類は!妊娠中の方や乳幼児が大量摂取すると!体に影響が出るものもあるようですので!お調べになってから召し上がることをお勧めします。最初は、その強烈な香りに閉口し、食べられませんでした(別名カメムシソウと言うらしいです)。種もいっぱい入ってますし!手順に添って1つの種を2つに割って土に蒔きました。昨年春プランターで育てましたがすぐ硬くなってしまったから市販のパクチーを度々買っていました。すぐに!芽が出ました。春蒔きで失敗しました。秋蒔きしたあとの冬越しは、霜が当たらない軒下などに置いておくと温暖地では大丈夫なようです=種は、固い殻におおわれた中に2粒入っているので、板ずりなどをして、2つにパカッと割ります。)なかなか大きく育てるのが難しいですが(小さいうちに虫に食べられがち)!ちょっと触っただけで指に香りがつくほど香りが良いです。うちのベランダの日差し、大丈夫かなー?パクチストに仲間入りしそうな私。春蒔きは成長が早いと思います。近所では入手できないのでネットで購入出来て良かったです。春蒔きに挑戦しようと思い購入しました。楽しみです。発芽して!双葉から!ギザギザの葉っぱが出てきたと思ったら!ベランダの日差しが強かったのかかれてしまって。成長とともに太くなるのか…。昨年の秋プランターに蒔いて!今育っています。ユネスコ無形文化遺産登録の、メキシコ伝統料理は、各地域で実に多様です。毎日楽しみです。少し遅くなったけどプランターに撒いてみようと思い、種を有り合わせの板で押して半分に砕き小さな器に入れて水に浸しました。香りもよく美味しいです!!ただ!プランターだからか茎が細いです…。移植に弱いので!直まきでそだてています。でもハーブだから、勢い良すぎて他の植物への侵食も気になります…。最近!家族がタイ料理にハマりましたが!近くでパクチーを購入できないので家庭菜園に挑戦する事にしました。それを一晩水につけておいて蒔くと発芽がいいようです。大きめのプランターですがパクチーの林みたいです(笑)味も美味しかったです。期待通りの商品でした。パクチーが出回りだしたけど今年は昨年よりも高いので、買うのが躊躇われます。春蒔きするとすぐに花が6月頃ついてしまい(トウ立ち)葉が固くなってしまうからです。9月に種を植え!1週間で発芽→1ヶ月で食べれる程まで成長しました。が!私の住んでいた地域では!ほとんど全ての料理にコリアンダーがかかっていました。私は苦手なのですが夫が好きなので購入しました。双葉まできました。また利用したいです。わさわさと生えてきて、2カ月で十分食べられる大きさになりました。秋蒔きでリベンジ!と思い購入しました。コリアンダーは!メキシコの妊婦さんも!平気で召し上がっていましたが(笑)=秋まきの適期は温暖地は10月中旬位まで。越冬に成功しそうなので、今年の夏もガンガン育ってもらおうと思います。楽しみです。まだ植えてませんが!今度の休日!植えたいと思ってます。いわゆる!種ですが!配送も早く良かったですコリアンダーパクチー)との最初の出会いは!私がメキシコ在住の時でした。が!慣れとは恐ろしいもので!2週間ぐらいですっかりこのハーブが好きになりました。目測ですが、ほぼ100%発芽したんじゃないでしょうか。(カラが固いので割ってあげたほうが発芽率が上がる。=春蒔きと秋蒔きができますが、実は秋蒔きの方が収穫が長く楽しめるという利点があります。発芽率よかったです。発芽率が凄い良いです。基本的にハーブ類は!日本の高温多湿に弱いようなので!移動がしやすい鉢栽培で!軒下で育てています。来年はお庭に植えてみようと思います。